セフレ募集の出会い系【激カワ】

神戸市在住の人妻セフレは、
20代前半のカワイイ系。
まだまだあどけなさが残る少女といった印象でしたがベットでの豹変ぶりにビックリ!!
スタバでコーヒー行った後、

神戸市のラブホに入った時、

エロティックでぷるんとした柔らかいおっぱいは最高でした!!
パンティの中でクチュクチュと音が鳴り響く。
なんて言うか本当恋人感覚で、下先を使うフェラでビンビンに!これはたまらん!
ロリロリですがかなりエロくてムスコはビンビンです。
騎上位も大きく足を開いて見せつけるようなエロいポーズに大興奮!
舌で敏感な所をつつくとすでにヌルッとする感触!!

神戸港埋め立て フェリーやクルーズ船受け入れ強化

 神戸市は、神戸港に就航するカーフェリーやクルーズ船の受け入れを強化するため、新港西地区の第3・第4突堤に囲まれた場所を埋め立てる。背景にあるのは、トラックの運転手不足による海上輸送への移行。さらに、クルーズ船旅客の利便性を高めて誘致につなげる狙いもある。2019年度に着工し、22年の完工を目指す。(長尾亮太)

 第3・第4突堤は現在、カーフェリーとクルーズ船のターミナルとしてそれぞれ用いられる。同市は、東西に隣接する両突堤の根元部分を一部埋め立て、約1万6千平方メートルの陸地を造成。カーフェリーに載せる貨物車と、クルーズ船の乗降客を運ぶバスの待機場にする。総工費は約25億円。19年度当初予算案に埋め立て費として約14億円を計上した。

 第3突堤に就航する「ジャンボフェリー」(神戸-高松)は1日4往復で四国一円に貨物を送る。しかし、貨物車の置き場が飽和状態。西隣の第2突堤に置く場合もあるという。

 フェリー需要の高まりは、ドライバー不足や「働き方改革」が影響している。

 「宮崎カーフェリー」は主に宮崎県産の青果物や畜産物を関西・首都圏に運ぶ。「陸路だと長距離を運転しないといけないが、フェリーなら乗船時間にゆっくり休める。重要性は増している」(宮崎県総合交通課)。

 一方、埋め立て地はクルーズ船の旅客を乗せるバスの待機場にも使う。

 18年に世界最大の客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」(約16万トン)が神戸に寄港した際は、5千人近い旅客を市街地などに運ぶため、一度に約100台のバスが第4突堤周辺に並んだ。それ以上の待機場を確保するのは難しい状況だったという。

 神戸港のクルーズ船入港は18年に過去最多になるなど好調だが、国内にライバルは多い。港から街へのアクセスの良さは欠かせず、市みなと総局は「さらに大型の22万トン級も安心して寄港してもらえる環境を整えたい」としている。