人妻 平子理沙似

神戸市の近くに住んでいる人妻セフレは、
40代前半の綺麗系。
本当に話しやすい性格がとても親しみやすく癒し効果抜群で人懐っこく初対面から壁を感じさせない印象を抱かせてくれます
スタバに行った後、

神戸市のホテルに行った時、

彼女に触れる度、エッチが大好きなんだなーと強く感じる事が出来ました。
責める時はその長い舌が武器でこの舌が縦横無尽に動きまくりキスをすれば絡まり捏ねくりまわり、乳首を舐めてもらえばコリッコリに勃起するまで丹念に舐められます。
膣の奥がポイントでここを上手く責めれば布団は大洪水になるでしょう。
あまり味わった事のない舌使い。
可愛い乳首を舌で転がすと、可愛くHな声をあげて体をくねらすセフレ。
感じやかすいみたいで乳首を攻めるたび体をヒクヒクさせるのが妙に興奮しました。

”いかなご漁解禁”も…今年も「不漁」か イカナゴの稚魚「シンコ」は漁獲量が2年前から激減

兵庫県神戸市や明石市などで、春の訪れを告げる魚とも言われるイカナゴの漁が、けさ解禁されました。ここ数年不漁が続いていましたが、今年はどうだったんでしょうか。

【記者リポート】

「漁解禁時間の午前6時10分になりました。漁船から網が投げられます。イカナゴ漁が始まりました」

この日を待ちわびた漁師たちが一斉にイカナゴ漁を始めました。

イカナゴの稚魚「シンコ」は漁獲量が2年前から激減しています。そのため、ことしはイカナゴを保護するために例年より解禁日を1週間ほど遅らせ、漁の期間を短くしました。

今年はなんとか…。そんな思いを込めて網が引き上げられましたが…。

【記者リポート】

「こちらがきょうの漁の成果です。量自体が少ないんですが、実際に見てみますとイカナゴだけではなくほかの魚の稚魚も混じっています」

【いかなご漁師 福田雄一さん】

「全然やな全部メバルの子どもとか」

イカナゴ以外の魚を取り除くと、ちょうどカゴ1箱に。

【いかなご漁師 福田雄一さん】

「いつもやったらこのカゴに10個、20個。去年ぐらいから少ないのは少ないけど、ことしは全然ですね」

今年も予想されるイカナゴの不漁は、神戸市や明石市の人たちにとって、大問題なんです。それぞれの家庭の味を、知り合いなどに毎年送ることも多いというくぎ煮。

【お客さん】

「来た」

「ああよかった」

春の年賀状とも呼ばれるイカナゴのくぎ煮のためにことしも行列ができましたが、1キロあたり「3,500円」の値段が付きました。

【お客さん】

「6時半から待っているのに」

「3時間待ってる」

「だいたい5、6百円。30何年前は」

「炊かないと春が来ない」

しかし…。

【お店の人】

「16人…。ここまで」

【お客さん】

「17人目やってんで」

「並んでてもあかんっていうこと?」

「一応待ってみようかな」

幸運にも買えた人は本当にうれしそう。しかし、全員には行き渡りませんでした。

神戸市や明石市に春の訪れを告げる庶民の味。手に入りにくい「高級魚」にはならないでほしいものです。