物凄くいやらしい体をした巨乳

神戸市在住のセクシーな人妻セフレは、
30代前半の綺麗系。
男性が望むすべてがつまった究極のスレンダーFカップ。
近くの本屋に寄った後、

神戸市のホテルに入った時、

人妻セフレはとても小柄で華奢な体をしてます。
大人になったばかりのエロい身体は、ちょっと責められればすぐに濡れてしまう敏感体質♪可愛い声が漏れ始めます♪
セフレが恥かしながら、シャツとスカートを脱ぐと、スタイルのいいこと☆
我が愚息も我慢の限界になり気持ち良くたっぷり放出^^。
足はガクガク、頭は真っ白です。
このセフレのアソコ無味無臭、色も形もきれいです。

オリンピックの会場、最先端だけじゃない まさかここに…クマ注意! 観戦客は何に気をつけるべき?

オリンピックの会場といえば、最先端の設備がそろう都心の会場をイメージする人が多いと思います。ですが、私の赴任している福島の会場は一味違います。2020年の東京オリンピックで野球やソフトボールが開かれる会場の近くにはクマが出ているのです。それも複数回。詳しく知りたくなって、現場のパトロールに同行すると、観戦客にとっては思わぬ危険があることが明らかになりました。(朝日新聞福島総局・飯島啓史)【画像大量】あっ、クマが泳いでる! 群馬のダム湖を泳ぐ姿が話題、巡視中の職員が偶然激写

福島市の中心部から約10キロ、田んぼや雑木林に囲まれた公園内に県営あづま球場はあります。公園は東京ドーム約21個分という広大さ。球場だけでなく、陸上競技場や体育館、ピクニックができる広場もあります。オリンピックの開会式の2日前にあたる来年7月22日、全競技のトップを切ってソフトボールの開幕戦がこの球場で開かれる予定です。

そんな球場近くで今年5月、クマの目撃情報が複数ありました。

私の中で「東京2020」といえば、近代的な都市にある会場で、最新鋭の設備を駆使して開かれるというイメージでした。その会場の近くに、野生動物が、しかもクマが生息しているなんて…。北海道出身者(札幌の端っこの真駒内)の私自身、地元でクマが人里に下りてきたときには、先生に付き添われて集団下校していた記憶があります。クマが出たというあづま球場、どんな様子なのでしょうか。

公園ではクマが出没するたびに対策として、管理事務所の職員が朝夕の2回、パトロールします。5月30日、記者も車で同行させてもらいました。

午前9時、施設管理課の高橋政人さん(40)ら2人が車に乗り込み、ゆっくりと巡回し始めました。すれ違う来園者には「こんにちは」と声をかけながら、球場やテニスコートのそばを通り過ぎます。舗装された道から徐々に外れ、雑木林の中へ。

「川に近づいてきた。このあたりは出そうです」。高橋さんは車から降り、フンが落ちていないか草むらを注意深く見ます。道の脇には、「熊出没注意!」と書かれた看板があります。

「この辺がいいかな」。高橋さんは草木が踏みつけられた獣道を見つけました。

ポケットから取り出した爆竹に火を付け、道に放り投げます。「パン、パン」という乾いた破裂音が空気中に響き、煙と火薬のにおいが広がります。「クマも人や銃が怖いので、音で驚き、煙やにおいで近寄らなくなるんです」と高橋さん。この日は計1時間ほどのパトロールで、計3カ所で爆竹を鳴らしました。