神戸市 セフレ 巨乳の愛人

神戸市に住んでいる人妻セフレは、
20代後半の綺麗系。
どれをとっても素晴らしい!!としか言いようがないのですが、なんといっても大人っぽい女性!!
海に行って散歩をした後、

神戸市のいつも行くラブホに行った時、

一心不乱に「フェラ」をするセフレはエッチ前の姿から想像もできないほどです。
テクニックも抜群で腰が砕けるような快感でした。
おっぱいにかぶりつこうと思ったら69へ。
ホント汗だくになりながら腰を振って発射!!
密着感が溜まらない。
フェラもすごい丁寧で良かったです。

アウトレットモールに大量のミツバチ 一時現場を封鎖 けが人はなし・神戸市

 7日、神戸市にある商業施設で、大量のミツバチが発生し、現場は一時騒然となった。

 午後2時ごろ、家族連れらで賑わう神戸市にある関西最大級のアウトレットモール「神戸三田プレミアム・アウトレット」のベンチに大量のミツバチが発生した。

 施設側は、従業員から「ハチが大量発生している」と連絡を受け、すぐに現場を封鎖。その後、午後7時30分ごろまでに、すべてのハチを除去したという。

 ハチによる騒動は、これまでにも発生。2007年に、京都のメインストリート四条烏丸の信号機に大量のミツバチが群がり、交通規制がかかる騒ぎになった。さらに今年、東京の渋谷区でも柱の旗に大量のハチが集まり、都心はパニックとなった。

 ハチの生態に詳しい玉川大学農学部の中村純教授は「ミツバチは巣に新たな女王蜂が生まれると、前の女王蜂は半分の働きバチなどを連れて、巣から旅立ちます。この習性を分蜂といいます」語る。

 最近では一般の人がハチを飼うこともあり、そこから逃げた可能性も否定できない、と専門家は指摘する。

 中村教授は「分蜂の時のミツバチは、おとなしいのが一般的で、その時に刺すということはめったにないんですよ。殺虫剤かけたりしないと人が刺されることはない」とも話す。

 今回の騒動によるけが人はいなかったが、専門家は「ミツバチの大群に遭遇したら、殺虫剤などはまかずに、専門家に連絡することが大切」と呼びかけている。