JR三ノ宮駅南側でいつも待ち合わせの鈴木亜美似の人妻

神戸市在住のセクシーな人妻セフレは、
30代後半のカワイイ系。
ルックスの可愛く笑顔がとーっても印象的でもう抱きしめたくなってしまう様な感覚に☆
アダルトSHOPでセクシー下着を買った後、

神戸市のよく行くラブホに行った時、

雑談してるうちに徐々に思い出し、話が盛り上がる。
男心をくすぐるおっとりとした話し方も好印象!
若いのに妙に色っぽい!!!
セフレをくまなく攻めて可愛らしい感じ方に大興奮!そのまま正常位で放出。
太ももから下のほうへ指を這わせて、クリを刺激。
ほどなく果てました。

神戸・三宮の幹線道路で社会実験 7月、車線数10を6に減

 神戸・三宮再整備に関連し、国交省兵庫国道事務所と神戸市は7月中、JR三ノ宮駅南側の三宮交差点から中央区役所前交差点までの中央幹線(約400メートル)で、車線数を10から6に減らす大規模な交通社会実験を実施する。人と公共交通優先の駅前空間「三宮クロススクエア」の段階的整備に向けた試みで、2025年ごろの第1段階の状態を作り出す。該当区間と周辺の主要交差点で交通量などを調査し、結果を設計に反映させるという。【図】2025年ごろの三宮交差点のイメージ 三宮再整備は六つの駅と周辺を一体的につなぎ、交通拠点機能や徒歩での回遊性が高い空間に整えると基本構想に掲げる。

 クロススクエアは、三宮交差点を中心に中央幹線とフラワーロードの一部区間にかけて設置。車線を減らして歩道部分を広げ、市民活動や交流イベントなどが行える空間の創出を目指す。三宮交差点の東側は25年ごろの第1段階で6車線、30年ごろの第2段階で3車線とする計画だ。

 今回の実験は第1段階をイメージして、東行きを2車線(現行3車線)に、西行きを4車線(同7車線)に規制する。計画では三宮交差点東側に横断歩道を新設予定で、設置後を想定し、南北の信号サイクルも変更する。

 市によると、シミュレーションでは大きな渋滞は発生しなかったという。規制中は交通誘導員を配置する。歩道上の規制はなく、バス停などの変更もない。三宮クロススクエア交通社会実験担当事務局(オリエンタルコンサルタンツ)TEL0120・820・131

(上杉順子)